RECRUIT


Employee Symposium

I

中尾 圭太朗

業務全般を取り仕切る業務部長。誰よりも「会社をもっとよくしよう」と考えており、スタッフからの人望も厚い。

K

桝本 芽以

スタッフの給与計算を取り仕切る、頼れる総務のお姉さん。持ち前の天真爛漫さで繁忙期の修羅場を乗り切る。

Y

山野 健太

安全書類や規制図作成のエキスパート。最近可愛い彼女ができたため、プライベートも超充実。

N

林 翔太郎

高速道路を規制する現場のリーダー。底なしの明るさで現場を盛り上げるイケメン。

担当しているお仕事は?

基本的には業務全般に関わる仕事を担当しております。また、営業・人事業務も担当しています。

総務です。スタッフ皆さんのお給料の計算など、事務的な仕事がメインです。

書類関係、請求書の処理などを担当しています。業者さんによって、名簿や資格証、施工体制台帳など、提出しないといけない書類が違うので、そういった書類を作成して提出する安全書類作成の仕事が中心です。

主に現場(高速道路)に出て、交通規制をかける仕事をしています。現場のリーダーとして、スタッフに指示を出したりしています。

座談会風景

職場の雰囲気はどんな感じ?

和やかにやってますよ。若手もベテランも中堅もみんな分け隔てなく、明るくざっくばらんに話してます。普段は和やかだけど、やる時はやる。オンとオフがはっきりしてます。

最近は社内でダイエットが流行りました。

そうなんですよ!俺はファスティング(断食)ダイエットのリーダーでもある。
俺、痩せたでしょ?

一同:(無言)

ほら!もう!みんな止まっちゃってる!

一同:(笑)

結構ね、バイク乗ってる人も多いんですよ。ツーリングしてる人もいますね。
バイクで鳥取行ったりとか。

中尾さんと山野さんと林さんは、最近よくゴルフに行ってるよね。

このお仕事を選んだきっかけは?

親父の働く姿に憧れていたからかもしれません。僕の親父は社長なので、ナカチューという会社に興味はありました。

でも、実際にナカチューに入社する前は、別の会社で働いていましたよ。27才の時に結婚して、それを機に親父(社長)の会社に入社しました。

インタビュアー:中尾さんは、お父様(社長)のどんなところに憧れたんですか?

朝早くから夜遅くまでずっと仕事のことばっかり考えてるけど、弱音は吐かないところ。人の悪口は絶対に言わないところ。そして、いつも一生懸命なところに憧れたのかもしれないですね。

私もそうですね。私は結婚して名字は変わりましたが、実は中尾の妹で、社長の娘なんです。ナカチューに入社する前は別の会社で保険の営業職として働いていたんですが、結婚してこのまま営業職を続けていくのは難しいかな、と悩んでいる時に、両親から「ナカチューで力になってほしい」と言われて入社を決めました。

僕は大学の時にバイトでナカチューの仕事を始めて、そのまま正社員として働き始めました。先の将来のことで色々と悩んでた時期もあったんですけど、その時に中尾さんに声をかけて貰って、このままナカチューで頑張ってみることにしたんです。

インタビュアー:中尾さんがいたから続ける決意をしたってことですか?

中尾さんは、人を惹きつける魅力がすごいんですよ。

…やばい、俺いまちょっと泣くかもしれない。
僕が入社してから、業務部(事務職)でも優秀な人材が欲しいと思っていたんです。だったら山野くんだろうと。現場と事務職は仕事内容は違いますが、密接に繋がっています。
その点、山野くんは、頭もいいし、パソコンにも詳しい。そして何より現場の人から好かれてる。そこが決め手ですね。

っていう話をされて、僕は困ったんです。元々は、こんなに長くナカチューで仕事を続ける気もなかった。でも社長と中尾さんにそういう話をされて、断れなかった。結局、現場で仕事してた時代も含めてかれこれ5年ここで働いてます。ナカチューで働き続けてるのは、やっぱり社長と中尾さんの存在がでかいですね。

(無言でアピール)

あ、はいはい可愛らしい桝本さんもね。能天気だけど和みます。

一同:爆笑

僕は一回、家庭の事情でナカチューを辞めた人間なんです。それから外食関係の仕事をしてたんですけど、僕が働いてた喫茶店に、中尾さんがよく来てくれて、結構ひんぱんに会ってたんです。で、一緒に飲みに行った時に、中尾さんが「今後会社をこうしていきたい。林くんに戻ってきてほしい」って熱く語ってくれて。

いやでもね、僕はずっと会社に対して「林さんみたいに若くて元気で優秀なスタッフをなんで辞めさせたんや」と思っていて。林さんがいたら、会社が明るくなる。しかもイケメン。林さんは暑い季節でも寒い季節でも深夜でも、現場に立ち続けて弱音を吐かない。加えて底なしの明るさ。しかも高速道路を規制することにかけては全スタッフ中、上から数えて何番目、っていう神スキルの持ち主なんで、ぜひナカチューに戻ってきてほしいと思って声をかけたんです。

うん、なんか熱い話をしてもらって、すごく感動したことだけは覚えてます。でも、実際は飲んでて話の内容はあんまり覚えてない…。

お前ふざけんなよ!(笑)

一同:爆笑

いや、「中尾さんの話に感動した」ってことだけは覚えているんですよ!(笑)それで一回辞めたナカチューに戻ろうと思って、今ここにいます。